2017/03/11 ◆ ホワイトデー限定アイテム登場‼︎ 『ポンポネット・デュ・ポワール 〜 pomponnettes de poire 〜 』 ◆

ホワイトデーが近づいてまいりましたね。最近は、バレンタインデーも然りですが、
ホワイトデーも“男性から女性への贈り物”という枠を超えて、お気に入りのスイーツを大切な人やお友達同士、家族等々...“
一緒に楽しむ‼︎”というような流れに変化してきていますね。ボレロでも、お馴染みの定番焼き菓子やショコラ達を、
ホワイトデー限定ラッピングにしてご用意しております。

そこで‼︎ 今日は、ホワイトデー限定スイーツをこちらで ご紹介。
これは、ホワイトデー数日しか出さない“今だけアイテム”なのです。
 
画像は『ポンポネット・デュ・ポワール』。
一言でいえば洋梨のミニパイ・タルトです。
3月14日は3.14ということで”パイの日”という活動があり、この企画には毎年ボレロもタイアップさせていただいておりますが、
そのパイの日企画に合わせてchef渡邊が考案したお菓子。
※“ポンポネット”とは“小さく、ふっくらして、可愛いもの”というimage。

『パイ生地、クレームダマンド、二度焼きした洋梨。シンプルな構成で、ラフランスのタルトと比べ重厚さはありませんが
素朴に美味しく食べて頂ける洋梨のタルトかと思います。』とchef渡邊。 

シンプルながらも、ボレロらしさが、たっぷり詰まった 可愛らしく、勿論 お味も、
chef渡邊が得意とする香ばしいパイ生地がなんとも言えず美味です。

13,14日にある程度まとまった数でお出しする予定でおりますが、限定品なので、数に限りがございます‼︎ 
確実に確保したいお客さまは、ぜひ前もって ご予約頂くことを オススメいたします。

2017/03/10 ◆ ボレロ春ガトー『ポワールフレーズ 〜poire fraise 〜』デビュー‼︎ ◆

日に日に、春を感じさせてくれる季節がやってまいりましたね。
本格的“春”を迎える前に、ボレロのショーケースの中も、毎年、春色gâteauがお目見えします。


バレンタイン後、新作プチガトーのimageを膨らませつつ試作を重ねながら、やっと‼︎ 出来上がってきたのがこのお菓子。
山形の契約果樹園からの洋梨(ラフランス)と東近江市の“近江木イチゴ”とのコラボレーション。
自家製近江木苺のお味もほんのり効かせ、“春を意識した淡くスイーツなイメージ”をカタチにした、chef渡邊流“春gâteau”。

洋梨と木イチゴをブレンドしたピューレで仕込んだムースの中や底に、焼いて水分を飛ばした洋梨や、
木イチゴと木イチゴのコンフィチュールをメランジェしたものを詰め、底にクレームムスリーヌとダコワーズを敷いています。

ボレロのプチガトーは、常日頃からお客様に『お召し上がりの温度帯』について、ご説明するようにしていますが、
このお菓子は、口に入れた瞬間、“冷たい‼︎”と感じるくらいが、ベストな温度帯。イートイン推奨のプチガトーでもあります。

淡いピンク色のムースとフランボワーズの赤が可愛らしく、ホワイトデーに大切な方と一緒にお召し上がりいただくのも良いですね





 

2017/03/09 ◆ お待たせいたしました‼︎ 苺の季節限定『フレジェ 〜fraisier〜』再開です ◆

毎年、バレンタインデーを終え、少し落ち着いた頃からスタートする、ボレロの苺ガトー。
春の訪れを感じさせてくれる丁度この季節になると、苺のスイーツがショーケースにお目見えします。
苺の旬の季節だからこそ何度でも食べたくなってしまいますね。

苺スイーツといえば、苺のショートケーキを思い浮かべる方も多いかと思いますが、なんと!フランスでは、
イチゴショートというものがありません。苺のプチガトーといえば、最も代表的なものが『フレジェ 〜fraisier〜』なのです。
 
アーモンドパウダー使用の“こくのあるスポンジ”に、※クレームムスリーヌとホールの苺を敷き詰めてサンド。
とにかく生の苺をたっぷり使用します。※バタークリームにカスタードが入り若干の軽さを出したフランス菓子で
よく使用されるクリーム。

『気温が上がり始めるとハウスの温度も高くなり苺の味が鈍るので、気温が寒い間だけの“旬の生菓子”です』とchef渡邊。

“ボレロ流フレジェ”は、まったりとくるムスリーヌクリームの重さを感じさせなくするために、キルッシュという
チェリーの
蒸留酒を多めに使用。このキルッシュの香りふんわり漂う、大人の方に愉しんでいただける苺のガトーに仕上げています。

苺の旬な時期限定の、短い間にしか出会えない希少なお菓子だけに、昨年も大好評いただいたボレロ流フレジェ。
1日にお作りできる数に限りがございますので、ご予約にて確保していただくことをおすすめしております。

<< 次へ 前へ >>