2018/11/10 タルト・ポワール(洋梨のタルト)、始まります。

おまたせいたしました。
山形県の契約果樹園から、10月に届いたラ・フランスが、
3週間の熟成を終えて、ボレロのタルト・ポワールになりました。
守山本店、大阪本町店ともに、ご予約をスタートしております。
(通販でのご注文はこちら。)
http://www2.enekoshop.jp/shop/wbolero/item_list?category_id=47942

山形県・蔵王の豊かな湧き水。そして契約農家さんの土作りへの熱意によって

恵まれた土地は、ふくよかで、ごつごつとした、大変質の良い洋梨を育みます。


シェフが毎日熟し加減をチェックして選別した洋梨を焼成前夜に下処理し、

翌朝、パイ生地にクレームダマンドと特製カスタードを混ぜたクレーム・フランジパンを絞り、

ラ・フランスを2個分載せてオーブンに入れ、特殊な焼き方でじっくりと焼成します。

焼き上がったものを急速冷蔵し、アプリコットジャムを薄く三度塗りして、完成します。

(小麦はフランス産準強力粉、バターは北海道産発酵バター。塩はゲランドの塩。

アーモンドはスペイン産マルコナ種を使った自家製パウダーと、洋梨以外の素材も妥協しません。)


シンプルに見えて、当店のパティシエたちの技術によって多くの手間をかけて作られています。


毎年1月初旬まで製造しておりますが、一番熟し加減が絶妙な頃合いは11月後半から12月はじめに掛けてです。


御歳暮、ギフト、パーティーに、ボレロの晩秋のスペシャリテ「タルト・ポワール」はいかがでしょうか。




2018/11/09 百貨店でご案内中のギフト、クリスマス商品のお知らせ。

---御歳暮---
近鉄百貨店
【トゥソン・デ・マロン】 12月25日まで
https://shop.d-kintetsu.co.jp/shop/g/gK181010100067_lEV10030/

---クリスマスギフト・ケーキ---
新宿伊勢丹B1F マ・パティスリー&オンラインストア
【ベラベッカ】 12月4日まで
http://www.isetanguide.com/christmas_cake/feature04.html

西武大津店
【ブッシュ・フレーズ】
【ノエル・ド・ジャスマン】 12月16日まで
https://www.sogo-seibu.jp/file/otsuxmas2018.pdf

大丸百貨店
【タルト・ノエル・フリュイ・ルージュ】 12月13日まで
http://www.daimaru-matsuzakaya.jp/ITEM/18T4357103

2018/11/01 パリのサロン・デュ・ショコラにて、C.C.C.タブレット・ドール(金賞)をいただきました!

フランス時間10月31日、パリのサロン・デュ・ショコラにて、
チョコレート品評会のC.C.C.に出品したボンボンショコラが金賞をいただきました。
4年連続の受賞でございます。

受賞作品
「ほうじ茶ラベンダー」
京都産の無農薬ほうじ茶とドライラベンダーを使ったガナッシュの層と、
自家製ラベンダーウォッカでフランベした赤桃ペーストの層の二層仕立て。
「酒ゆず」
滋賀県山田錦の生酒と柚子の皮を混ぜたダークガナッシュの層と、
高知産の柚子ピールを果汁で煮込んだペーストの二層仕立て。
「グアテマラ・山椒」
グアテマラ産ダークチョコレートに、アサクラ山椒を漉した生クリームを混ぜたガナッシュ・ノワール。
(アサクラ山椒……日本の山奥で採れる香りの強い山椒。風味を飛ばさないよう、石臼で挽かれたものです。)
「パン・デピス」
フランス産シナモンとプロヴァンス産のミエル・ド・ガリッグ(希少な野生ハーブの蜂蜜)を使ったガナッシュの層と、
パンデピスのペーストの層の二層仕立て。
これから冬に向けて、製造してまいります。


11月限定のケーキも始まります。
「タルト・タタン」
フランス・ロワール地方の伝統的なケーキ。
岩手産の紅玉リンゴを大量に使用し、キャラメル状になるまで煮込み続けると、
小さな1カットにリンゴ1個分が載るほどの密度になります。
本格的かつボリューミーなボレロのタルト・タタン。
これをお目当てに、お店に来られるお客様もいらっしゃる自慢の一品です。
(手作業でリンゴを剥いているため、リンゴの芯の部分が混入してしまうことがございます。お気をつけ下さい。)

「タルト・ポワール」
災害が相次ぎましたが、今年も無事に山形から洋梨が届きました。
現在熟成中ですので、もう少し販売までお時間をいただきます。
11月9日から販売開始予定です。
(大阪本町店は11月12日から)

<< 次へ 前へ >>