2017/09/07 ◆ 秋の訪れと共に‼︎ ボレロ秋のスペシャリテ“マロンパイ” の季節到来 ◆

ここ数年、9月上旬はまだまだ残暑が厳しい年が続きましたが、今年は、秋の訪れと共に、急に気温も秋らしくなってまいりました。

マロンパイを美味しくお召し上がりいただける季節ですね!


守山本店オープン以来、数々のメディアでご紹介いただいた、ボレロの秋のスペシャリテ“マロンパイ”。

91日から開始しております。  10月いっぱい~11月上旬までの販売予定※


大粒の渋皮栗がどーんと中に入ったマロンパイ。栗はじっくりと3晩煮込みます。次ぎにアーモンドクリーム。

今年のレシピは、シシリー産アーモンドと、カリフォルニアのキャーメル種のブレンド。

特性のパイ生地は、発酵バターとフランス小麦と、ゲランドの塩が主体となっており、とても芳醇な風味。

それら三つの素材が一つになり、じっくりと焼成され、最後の仕上げは、表面にふった粉砂糖をキャラメリゼしております。


『香ばしく濃厚で大人のお味に仕上がった“マロンパイ”は、栗のうま味だけではない、三位一体となった美味しさ』とchef渡邊。


守山本店・大阪本町店での店頭販売。そして、オンラインショップにてご予約承り中‼︎  

1日にお作りできる数に限りがございますので、お早めのご予約をおすすめしています。


ボレロオンラインショップはこちら↓↓

http://www2.enekoshop.jp/shop/wbolero/Top


2017/08/24 ◆ ボレロ流 『テリーヌ・ドゥ・ショコラ ~terrine de chocolat~』 いよいよデビュー!! ◆


まだまだ暑い日が続きますが、気が付けば、8月もそろそろ終盤。夏限定gâteauを、この夏、
いくつかご紹介してまいりましたが、今回は、敢えて『ボレロ流テリーヌ・ドゥ・ショコラ』をご紹介します!
W.Bolero・chef渡邊といえば、パティシエ・パティスリーとして、、だけではなく、
ショコラティエ・ショコラトリーとして、その名前を知っていただいたお客様も多くいらっしゃるかと思うのですが、
今回の“テリーヌ・ドゥ・ショコラ”は、まさに、ショコララヴァーの皆様にいち早くお伝えしたい、
ショコラティエ chef渡邊の創り出す“テリーヌ・ドゥ・ショコラ”の世界なのです。

加熱殺菌した卵黄入りガナッシュ、カカオ分は62%でアルマニャックを効かせて冷ましておきます。
ビスキュイ・ジョコンドショコラを焼成しフードプロセッサーで粉状にし、
更にアルマニャック入りのシロップを均一に染みこませてしっとりしたクラムにします。
常温にしたガナッシュに上記のクラムをまぜ、少し空気を擦り合わせる感じにミキシングして型に流し冷やし固めます。
ショコラのスプレーをし、トッピングして仕上がりです。
“テリーヌ・ドゥ・ショコラ”は、一層のクリームのみで勝負!というシンプルなショコラのgâteau。
だかろこそ!chef渡邊流の、絶妙なお酒の効かせ方や舌触りや食感。すべてをバランスよく表現し、
“オトナの味わい”を堪能いただける贅沢な逸品に仕上がりました。

2017/08/11 ◆ 夏gâteau 第三弾!! 『オペラ・エテ ~Opera d'été 』 ◆

夏gâteauといえば、涼しげなムース系のものを、これまでご紹介してまいりましたが、
今回は、“オペラ”の夏Version!新作です。ボレロといえば、開店以来、スタンダードなものから、chef渡邊らしい
趣向をこらしたものまで、いろいろなオペラをお出ししてまいりましたが、今回、久しぶりの新作です。
『真夏だからこそ、夏らしいオペラを!! 南仏コートダジュール地方の海辺のアンティーブやカンヌ、
サントロペなどリゾートの港街のカフェテラスで食べるイメージで創りました。』とchef渡邊。

ほんのりとローズマリーを効かせたジョコンド生地に、レモンのシロップを染みこませサンドするのは
木イチゴのクレーム・オ・ブールと、レモン風味のホワイトチョコガナッシュです。

キンキン!!に冷やした南仏のロゼワインと一緒に、お召し上がりいただくと、
更にプチ贅沢なひとときをお過ごしいただけること間違いなしです。

<< 次へ 前へ >>